極真館 埼玉県比企支部
埼玉県比企支部の紹介
つきのわ道場  周辺地図 ←クリック! 

埼玉県比企支部
(指導員)

支部長 統括責任者

山田元基 

極真空手  弐段

主な大会成績


2010.10.16
秋季全関東錬成大会
真剣勝負ルール(顔面あり)
 ワンマッチ

軽量級60s以下の部
勝利者賞!

2011・10・01
全極真インドネシア
国際空手道選手権大会

フルコンタクト組手  ー65s級  準優勝

埼玉県比企支部(指導員)

拳比企技術指導委員 委員長

山田武史
 

極真空手    五段

無外流居合兵道 初段(寶祥会)

琉球古武道   初段(寶祥会)


主な大会成績

型競技
国内・アジア大会 各種入賞。 

☆全世界空手道型競技選手権大会☆

2013.6.23

一般男子の部 第3位
極真館 埼玉県比企支部 武道理念

極真カラテの普及活動」
極真カラテ創始者・大山倍達総裁の遺志を受け継いだ盧山初雄館長のもとに
埼玉県比企郡地域での武道普及活動を主に稽古に励んでいます!

「武道空手は礼儀正しく!」
武道は「礼に始まり礼に終わる」という礼節を重んじております。
道場ではまず礼儀作法から教えていきます。大きな声で挨拶できること!
そこからが武道の始まりと思っております。

「自分自身の体を通した体験・経験」
極真空手は武道空手です!

「礼に始まり礼に終わる」

「体を柔軟にし基礎体力をつける」

「基本を大切にしっかりと伝統を継承する」

「型や武器術を通じて体の運用を学ぶ」

「実際に技を当てあう組手を行う」

そのフルコンタクト(直接打撃制)で行う組手!
それこそが極真空手の真骨頂であります。
技を当てあうことで!

「自分が辛い事は、相手も辛いんだ!」

「自分が苦しいときは、相手も苦しいんだ!」

自分の心と体を通して我慢や優しさを学ぶ。
体験した者こそが理解できる人生体験!
もちろん年齢性別に会った安全性を踏まえた稽古指導をしております。


「自分を試す場が試合」
試合とは読んで字のごとく「試し」「合い」です。

極真館では日頃の稽古の成果を試す場として大会試合が数多く開催されています!

学校の部活動なども試合や発表会を目指して活動しているといっても過言でないと思います!

埼玉県比企支部の生徒も「全日本チャンピオン!入賞者!」が多数在籍育っています!

大会試合などの経験から目標達成や前向きな努力と諦めない心を育む。

「実生活や社会に役立つ空手」
一番の目的はそこにあると思います!
空手で培った体力!養った知恵!大きな心!を生活に役立てる!
実際に生徒やご父兄からの声ですが・・・

「風邪をひきにくくなった」

「健康になった」

「体力がついた」

「集中力が増した」

「運動会で一番になった」などなど・・・

健康で体力のある誠実な人間を育てる!
そしてその子達が日本の社会を担ってくれる。
それこそが武道空手が社会に貢献できる役割だと思っています。

海外Topics
2014.5 南アフリカのサマーキャンプにて指導
2015. 7. 3 〜 13  ロシア ソチ サマーセミナー & ブルガリア ヴァルナ サマーセミナー 遠征指導
2016.10.27〜29 中東アジア クウェート国際セミナーにて指導参加!






inserted by FC2 system