極真カラテ創始者 大山倍達 総裁
館長紹介 盧山初雄 九段

1948331日、埼玉県行田市大字谷郷に5人兄弟の長男として生まれる。

幼い頃より武道に憧れ、高校1年の秋、池袋の大山道場に入門。

大山倍達極真会館総裁を初め、多くの極真の獅子達の下で極真魂の神髄を学ぶ。

その後、各種の武術を体得する。

1973年、数々の試練を乗り越え、「第5回全日本空手道選手権大会」に優勝し、

真の空手家、武道家としての一歩を踏み出す。

19804月より埼玉県に支部道場を開設、支部長として後進の指導にあたる。

そのかたわら、真の強さを求めて自己の修行に励む。

19944月、大山倍達総裁ご逝去。

松井新体制のもと、極真会館の最高顧問・首席師範に就任する。

200212月、大山倍達総裁の遺志を継いで真の武道空手を追求す為、

新組織「極真空手道連盟極真館」を設立。館長に就任する。

極真館の特徴

極真空手道連盟極真館は、極真カラテ創始者である故大山倍達総裁の遺志を受け継ぎ、武道空手の追求と青少年の健全育成を柱に2003113日に発足しました。1994年の大山総裁逝去後、「極真」は複数の団体に分かれ、それぞれの理念の下に活動をおこなっていますが、我々極真館は、武道としての空手を追求していく中で、空手の基本・型・武器術を再度見直すとともに、現代の日本人が失いつつある礼節にも重きをおいた活動をおこなっています。

極真館の稽古体系は、基本稽古の習得、移動稽古、型の分解や古来より伝わる武器術などの導入(棒・サイ・トンファ・ヌンチャク)、巻き藁や砂袋で拳足を鍛える部位鍛錬、中国拳法(意拳)の要素を取り入れた稽古法など多岐に及びます。

極真カラテの試合は素手・素足による直接打撃制が採用されています。手技による顔面攻撃を禁止している関係上、選手同士が膠着した状態で技を出し合う傾向が強く、また相手を押す行為などから「相撲空手」と揶揄された時期もありました。極真館では武道という観点で捉えた場合、無防備に相手に近づくことをルール上で制約し、常に手技による顔面攻撃を想定した間合いで試合を行うことを前提としています。また、相手を尊重することを大切にし、試合後のガッツポーズを禁止しています。(ガッツポーズをした際は失格となります。)

極真館では従来の直接打撃制ルールに加え、2006429日の全日本ウェイト制空手道選手権大会より手技による顔面攻撃を認めた「ウェイト制真剣勝負ルール」を採用しています。(ウェイト制大会に限る)選手は安全上、拳グローブと肘サポーターの着用を義務付けとし、単にルールの過激さを標榜するのではなく、実践での戦いを想定した要素も含んだ内容となっています


館長修行心得こころえ

天地一拳 てんちいっけん (空手を志す者の道は一つである)

基本回帰 きほんかいき (何事も基本は大切である、基本の内に奥儀がある事を知るべきである)

日々鍛錬 ひびたんれん (毎日の鍛錬が己を強くすると心得る)

一拳必殺 いっけんひっさつ (繰り出す一撃に相手を倒す威力を持たせ)

一蹴必倒 いっしゅうひっとう(一蹴りでも確実に倒せるようになるまで繰り返し稽古に励むべきである)

変幻自在 へんげんじざい (さすれば技を自由にこなすまでになるだろう)

空手求道 からてきゅうどう (空手を志す者は又、道を極めるまで修行すべきを心得る)

生涯修行しょうがいしゅぎょう (よって命尽きるまで修行であると心得る)

極真精神きょくしんせいしん (以上をもって極真の精神であると心得る)

天下布拳てんかふけん (空手道を広めることで、平和を願うものである)








inserted by FC2 system